結婚しない人は負け組?

gooランキングの注目ワードコラムに「35歳独身オトコは負け組ですか?」という記事がありました。
35歳という年齢になると、男女共に焦ってしまう年齢でもあるのでしょうか?
この年齢だと友達はほとんど既婚者で、子どもを持っている人も多いでしょう。
女性だと一番忙しい時期だし、男性だと「家族の為に働かなければ」と必死になっている時期でもあります。
私の周りにも、どうしても35歳までに結婚をしたい男友達がいます。
必死に婚活にも励んでいますが、なかなかうまくいっていないようです。
本人自身は婚活パーティーの攻略法を完璧に身につけているそうですが、恋愛ってマニュアル通りにはいかないですよね。

私は前々からおかしな考え方だなと思っていました。
結婚した人が勝ち組で結婚していない人が負け組と言うのはいかがなものかと…。
人の人生は勝ち負けなのでしょうか?
勉強や仕事で競争する気持ちは必要だと思いますが、人の幸せの感じ方なんてそれぞれですよね?
しかも、結婚した人が100%幸せかと言えばそうではありません。

結婚している人から見ると、独身者は気楽に見えてしまうようです。
でも、独身の頃はそんなに気楽だったでしょうか?
確かに、稼いだお金を自分の好きな時に使えるという点では気楽だったかもしれません。
けれども、結婚するという人生を選んだのは自分です。
独身時代には独身時代の苦労があり、それを忘れて「気楽でいいものだ」と考える人が間違っているのではないでしょうか。
既婚者は独身であるという人生を捨てた訳で、独身が羨ましいなら独身に戻ればいいのです。

私は独身期間が長かったですが、既婚者を羨ましいと思ったことは一度もありません。
子どもが生まれたことを羨ましいと思ったこともありませんね。
全ては独身という人生を選んでのことで、人を羨ましいと思う時間があったら自分の時間に当てたいと思っていました。
縁あって旦那に出会うことが出来ましたが、結婚することになるとは思いませんでした。
私にはその気がありましたが、旦那にはその気が一切なかったからです。
周りの人間はとやかく言いますが、どう転ぼうと私の人生だと思っていました。

既婚者の中には「子どもがいることが唯一勝ち組だと思える」という意見もありましたが、それでは結婚して子どもを授からなかった夫婦は負け組なのでしょうか?
何かを手に入れるということは何かを手放すことでもあるし、どうしても手に入れられないものであるならば他の楽しみを手に入れるチャンスが広がるということになります。
どうして人は、人との人生を比べようとしたがるのでしょうね?

まさかの雨

無事、小学校の運動会が終わりました。
しかし連日、「秋晴れが続き、行楽や運動会にはぴったりの週末のお天気です」とどのチャンネルのお天気お姉さんも力説していたにもかかわらず、なんと日曜日は曇り空でした。

それでも暑すぎるよりはいいかね、などと話していました。
このごろは熱中症の問題もあって、練習のときもそうなのですが、9月10月開催は大変だというので春に運動会を行うところも増えているぐらいです。
昔は10月に入るとぐっと過ごしやすくなっていたと思うのですが、今は運動会の練習が始まる9月中旬あたりなんか残暑もきびしいし、下手すると10月に入っても「猛暑日」があったりしますから。

それで午前中の競技が終わって、みんなにぎやかにそれぞれの家族とお弁当を広げて食べました。
運動会ならではの、なごやかないい風景ですよね。

やがて午後の部がはじまりました。
応援合戦も、高学年の掛け合いなどはとても勇壮でかっこよかったです。
うちは末っ子の1年生を見に行ったわけですが、これはこれで、また、1年生というのはかわいい(笑)
ただ、小学校は6年生までいるわけですから、1年生の競技はとても少ないので、まぁ見学するほうとしては、けっこう午後なんて、ヒマをもてあますんですけどね。

ところが、1年生の玉入れも終わり、5年生のダンスみたいのも終わったあたりからいきなり雲行きがあやしくなり、ぽつぽつと降り出しました。
それがあっという間のことでした。ざーざーぶりになって、とても運動会を続けることができず、子供たちはいったん体育館へ入り、親も急遽ひらかれた各教室へ移動。

それからほとんどゲリラ雨の様子で結局、「午後最後の3種目は順延」となりました。
つまり、最後の3種目は翌週平日火曜日に開催するわけです。

……でも、なんか盛り上がりが(涙)
しかも運動会のラスト3種目って、5年生の団体競技(騎馬戦)、6年生の感動的組体操、そして紅白リレーと運動会の花型ともいうべき主要種目。
もうこれはどうしようもないことだけど、高学年の親、特に6年生の親はがっかりしてました。
天気ばかりはどうしようもないけど……、これなら朝から中止のほうがまだマシだったかも?

もう1年生の出番はないのですが、やっぱり少しでも観客や応援がおおいほうが子供たちも楽しいでしょうから、火曜日は私も観戦に行く予定です。それにしても、3人子供がいますが、途中で順延ははじめての経験でした。

1年生の勉強

1年生の末っ子も、夏休みが終わって国語の授業でもいよいよ漢字がはじまりました。
最初のうちは、山、や、川、という漢字を嬉々として書いてみせて自慢げに見せていましたが、このごろは山のようにでる宿題にうんざりしてきたようで、面倒くさがるようになってしまいました。

漢字は、最初に「書き順」と「とめやはね」を気を付けて覚えさせるようにしてください、また学校での練習は限度があるので、ご家庭でぜひ復習させてください、と前回の父母会で先生より言われていたのでわたしも注意して見ています。

でもダメですね、書き順がダメなんですよ。
私から見ると、書きにくい方向から書いたりしてるんですよね。
まぁ毎日横に座って、ときおり怒鳴りつけながらもやらせていますが。

それと一年生になって思ったのですが、1学期(2学期制なので正確には夏休み前まで)は非常に教科書の進み方も遅いのです。
ひらがなはとても時間をとって練習しましたし、算数なんかもそうです。授業でも繰り返し、宿題も少なかったので家でのフォローも簡単でした。
それが夏休み明けから一気にスピードがまして、カタカナなどはほんの1週間もやらず、あとは毎日五十音でカタカナを書くプリント、同時に漢字が始まったので漢字練習帳とドリルの宿題、さらに算数のほうが足し算引き算の繰り上がりが始まるのでそのためのプリントとプリントだけでも3枚ぐらい、漢字練習帳、さらに音読(教科書を声に出して読む)、そこにときどき「日記帳」を書く宿題もあって、けっこうな量なんですよ。

まぁそのあたりは学校によっても違いがあるようですが(ちなみにうちの学校では同じ学年の別クラスとの宿題量の差はほとんどない、たぶん先生同士で決めている感じ)このスピードアップについていくのが大変です。
なかには子供の習い事を見直して、すこし整理してやめさせたり、週末にスポーツ関係の習い事を日程変更して、「普段の日にある程度、宿題をもとに家で勉強させないと追いつかない」っていうお母さんもいるぐらいです。

わが家も習い事が入っている日はやっぱりかなり大変です。
帰宅して、すぐ習い事へ行き、帰宅すると5時はすぎてるからそこから宿題に1時間弱かかって、すぐにお風呂いれて、それで夕飯食べさせて……、と気付くともう寝る時間です。

現代の子供は忙しいのが普通? なのかもしれません。

がんばれ、テレビドラマ

山口智子さんのドラマがはじまりましたね。
鳴り物入り? なのかと思ったけど、超豪華俳優勢揃いのわりにはあんまり事前に話題にのぼらなかった印象なんだけど、どうなんでしょう。

私も見ましたが、まぁあれですね。評価はまっぷたつに割れそうですよね。
出ている人はみんな上手で、そういう意味では安心できました。映画監督がドラマ初挑戦だそうですが、画面のつくりも丁寧で、なんだかどちらかといえば、テレビというより映画(ちょうど初回が2時間枠だったせいもあるかもしれませんが)を見ているようでした。

わたしはどちらかといえばジェットコースター的なドラマが好きなので、あのまったり感はいただけない(笑)
でもそのあたりは個人の趣味だからなんともいえませんけどね。ちなみに夫は「なんかいいね、見ちゃうかも」と言ってましたから。

ひとつすごく思ったことは、こうして見てみると、昨今はドラマに出ている人たちが「へたっぴ」な役者さんが多いんだなぁってことです。
どのドラマでも大抵ひとりかふたり、演技が達者というのか、上手な人がいて引き締めてはいるようですが、ですが今回のようにみんなそれぞれ味のある、上手な人がそろうと、ストーリー性以外にも、なんとなく、「リアル」な印象があって見入ってしまうということはありますね。他のドラマだと、なんか、へたっぴな人がちょいちょい出てくるたびに「おいおい」と我に返ってつっこみたくなったりして、集中できないから。
で、集中できないと、結局、退屈になってくるから。

ただまあ、これだけの俳優を抱えてのドラマにしては、ちょっと私は微妙に思えましたが……。
ネットでは松嶋菜々子のミタと比べられたりすることが多いようですが、あれはやっぱり脚本のうまさが強かった気がします。そこに松嶋菜々子がピッタリあわせたというか、あったというか。
やっぱりドラマは脚本(内容)と俳優との取り合わせがバシっと決まったときが面白いのでしょうかね。

むかし、山口智子主演でなんかすごいドロドロのドラマがあったような記憶があるんですが……。
とっつかまっちゃった男優と一緒に出てた、まるで昼ドラみたいなやつ。

あ、それで思い出したけど、昼ドラの「赤い糸」がけっこう話題に上ってます。こちらはまさにジェットコースター、しかもドロドロ(笑)
わたしはこちらのほうがハマッてます。

でも、なんにしろ、もっとドラマが元気になってほしいですね。

気になって調べてみたら

夫が出がけに見送りにでた、小学校へ登校する前の末っ子をよびとめて「おい、社会の窓があいてるぞ」と言いました。
ぽかん、とする末っ子(笑)
そういえば、最近はあんまり社会の窓って言わないのかしら。
うちには大学生の長男、高校生の次男もいますが、どちらも社会の窓とは言いませんね。
「おい、ファスナーあいてるぞ」と言いますから。

ふと気になってこの「社会の窓」が男性のズボンの前チャックを称することになった語源を調べてみました。
すると、NHKラジオの番組名からきているそうですね。
隠された大事なものを発見する、リポートするといった趣旨の番組だったようですが、そこから男性の大事なものの場所の窓ということで、そんな呼び名が定着したようです。

なるほど~、と感心しながら、待てよ、と思いました。

最初に書きましたが、大学生の長男は「ファスナーあいてるぞ」と言います。
でも私は普段、ファスナーではなく、「チャック」と呼んでるですよね。で、夫は「ジッパー」と言ったりもします。
あ、みんな一緒の意味ですし、みんな、意味はわかって認識してますけどね。

これまた語源を調べてみると、ファスナーは英語から来たものらしく、またジッパーはジップロックなどで有名な特定商品名からきたものらしいのです。で、チャックもそうなんですが、日本の会社が名付けた和製英語で、なんと、きんちゃく、のちゃくをもじっているとか。

どれもごく一般的な用語ですが、時代とともに使われる頻度というのか、名称の「浸透性」みたいのに違いがありますね。

ちなみに末っ子は、「社会の窓」が気に入ったらしく、「しゃかいのまど、かぁ、まどだって、ぷぷぷ」となぜか受けてました。

なんとなく、気になって調べてみた言葉の語源ですが、なかなか興味深いですね。
子供にも「トリビア」として教えてあげると、ちょっとした国語の学習というか、研究にもなります。
また、酒のネタにも悪くない(笑)
なんとなく、帰宅した夫に「朝さ、あなたが社会の窓って言ったじゃない?」と話をしだして、その語源について教えてあげると、へぇ、と感心して、そこから古い言葉について、けっこう盛り上がって話してしまいました。

社会の窓ネタは、トリビアなら、10回ぐらいボタン押したな、と思います~。

たまには電車で

本来は車の移動が好きだ。
もともと時間にしばりのある行動が苦手だし、電車のばあい、目的地までの乗り継ぎや駅構内の順路など、そういうものを調べたり、駅で図面を見て確認したりするのが面倒だし、しかもよく間違える。

いっぽうでわりと道路のカンはよいほうだと思っている。
一度通った道はたいてい頭の中に入っているし、土地勘というのか、「こっちのほうだろう」というのがわりとよくあたる。
それに最近はナビが充実しているから、目的地をセットさえすれば、地図を見る手間もなくなった。

秋になってすぐにちょっとした温泉旅行を企画した。
むろん、車で行くつもりだった。ところがその数日前になってどうも車の調子が悪くなりあわててディーラーへ持っていくと、たまたま部品の在庫もなくて修理に2日ほどかかるという。
それでは旅行に間に合わず、代車をだしてくれるというが、近所のドライブならともかく、旅行に代車というのはどうもいただけない。

仕方なく、電車に切り替えることにした。
新幹線の通っていない場所なので、特急電車のチケットをとる。ひさしぶりにやったが、今はネットでできるので、わりと面倒がない。ただ、電鉄会社のホームページはおしなべてわかりづらいと思う。もう少しインターフェースをやさしくしたほうがよいのではないだろうか。

当日はうららかに晴れ渡って、まぁ一泊の旅行でもあるし、さほど荷物も多くない。
ひさしぶりに駅で駅弁を購入し、特急の椅子をグルリをまわして家族4人でならんで食べた。
子供は窓から見える風景に興奮しているし、こちらも運転をしていないからのんびりできる。
もう少し子供が小さいと、周囲にうるさくないかとかの配慮があってかなり疲れたものだが、さすがに小学生高学年ぐらいになるとそういうこともないのでありがたい。

そしてなんといっても、ビールが飲める。
昼に飲むビールはうまい。冷えた駅弁で飲むビールもまた、うまい。昼酒はほどよい酔い心地で、列車の揺れでうつらうつらしてしまう。

目的地から子供が楽しみにしていた遊園地まではシャトルが出ていたし、そこからまた宿までもタクシーで1メーターだったので楽だった。

実際にやってみると、なるほど、電車の旅もたまには悪くないと思った一日であった。

お義母さんの変身

お姑さんと同居しているママから、しばらく前にちょっとした相談というか愚痴を聞いていました。
完全分離の二世帯住宅なので、同居といってもわりと気兼ねなくすごしていたようなのですが、お舅さんが亡くなってから淋しいのか退屈なのか、しょっちゅうお義母さんが子世帯のほうへやってきて、「それでなかなか帰らないのよ」と言うわけです。
なんでも朝食の後ぐらいにくると、お菓子などをわけるのを口実にしながら、なんとなくテレビのワイドショーとか見て、そのまんま「じゃぁ、お昼でも」と声をかけられるのを待っているのだそうで……。
夫からもなにげなくは注意してもらったり、わざと忙しくして外出したりしていたようですが、毎日そう出かけてはいられないし、正直、家でのんびりやりたいこともあるわけです。
「時々ならいいんだけど、とにかく家にいるな、とわかるとすぐ来るようになっちゃってねぇ」とけっこうげんなりしている様子でした。

ところが、ついこの間、ひさしぶりにランチで会って「そういえば、どうした? お義母さんは?」と聞くと、「それがさ~」と笑いながら話してくれたのです。

その後、朝から昼までどころか、いったん下に戻ってもまた、子供たちが小学校から帰るぐらいの時間にあがってきて、そのまま夕飯までいるようになったりして、いい加減困って、さすがに夫に強く抗議したらしいんです。
でも、夫も「来るな」とは言えないし、「長居しないで、自分の趣味でもしなよ」ぐらいにしかすすめられなかったのだそうです。

それが、どうもどなたか友だちに誘われて、シニアタレント? というのですかね、そういう劇団みたいのに所属したというのです。
といっても、テレビにガンガン出ているというわけでもなく、たまにエキストラとしてその他大勢に出るぐらいらしいんですが。
でも、その劇団ではシニアタレント同士で「自主練」みたいのをしたり、劇団がシニア向けに「演技講習会」みたいのを主催したりでそれなりに忙しくすごせるというわけです。

しかも、そこで新しい友人もできる。
何も売れっ子タレントなわけもなく、聞けばシニアタレントなんて山ほどいるらしいのですが、もう年も年だから妙なライバル意識などもなくて、どちらかといえばサークル活動っぽいのでしょう。
もちろん、そうでない組織もあるのでしょうが、そこは多少お金は払うけど「念のため夫が確認したけど、最初の登録料と年会費だけで、まぁ、それであれだけ楽しく、はりきってもらえるならありがたい」ということらしいです。

やっぱり、いくつになっても「夢中になれるものがある」ってことが大事なのかもしれませんね。

アドベントカレンダーの楽しみ

末っ子はレゴ大好き、レゴの大ファンです。
この末っ子がとても楽しみにしているものに、レゴのアドベントカレンダーがあります。

最近は時期になると良く見かけるようになりましたが、アドベントカレンダーというのは、クリスマスのためのカレンダーです。12月1日からひとつずつ、カレンダーに窓なり、ポケットなりついていて、毎日1つずつあけると、キャンディとか小さな玩具とかが入っていて、24日までつづくものです。要するに、子供がクリスマス当日を楽しみにして、カウントダウンできる、おまけつきカレンダーですね。

それがレゴでもあるんですよ。
どこでも販売しているようではないみたいですが……(私の夫はヨドバシで輸入モノっぽいのを購入している)。

レゴのそれは、おおきな箱型で24コの窓がついており、それが切り取り線で開くような形になってます。
で、1日からひとつずつ開けていくと、その小さなボックスにレゴが入ってるんですよ。
去年のはサンタクロースと街並にみたいなやつだったかな。
ひとつあけると、子供の人形が出てきて、次にあけると、子供のソリがでてきて、という具合に小さなレゴの組み立てセットが入ってるんです。

で、24コ全部あけると、ちょうどひとつのストーリーというか、セットができあがるわけですね。
しかも外箱が背景とか書いてあって、そこへひとつずつ、出来上がったレゴを置いていけるようになってます。
今年のは、シティのセットで、チェーンソーが出てきて、人形が出てきて、もみの木が出てきて、という具合に最終的には雪のふる公園の風景ができるみたいです。

出てくるレゴセットはほんの5分で出来てしまうような小さなものですが、それが最終的に24セットでけっこう楽しめます。

それまではお菓子が出てくるアドベントカレンダーにしていたのですが、今は毎年レゴのセットにしています。

子供は毎日「ひとつずつ」あけるのがすごく楽しみみたいです。
レゴにかぎらず、小さなお子さんのいるご家庭ではぜひ、アドベントカレンダーはいかがでしょう。
小さなミニカーが入ってるやつとか、チョコレートと女の子用のアクセサリーが入っているのとか、いろいろあるみたいです。
輸入モノにはかなり面白そうなものが揃ってますよ。

ワインでチャイニーズレシピ

ちょっと雰囲気をかえた、ワインにもあうおもてなしの中華の献立とレシピです。
皿数はおおいですが意外と手間はかかりません。秋の夜長、冬のホームパーティなどでいかがですか?

○まぐろのラー油漬け
安い赤身まぐろをサクで購入し、たての細長くきりわけます。フライパンを熱して表面だけさっと焼いたら氷水にとっておき、ブツになるよう切ります。食べる直前に、さっと茹でた三つ葉、もみ海苔、ごま油、ラー油、醤油を回しかけていただきます。
これをアミューズがわりに。

○きのこの中華風マリネ
しめじやマッシュルームなどきのこ2~3種類を炒めて、さらにナスを炒めてボウルに取り出します。銀杏の缶詰も加えてから、和風ドレッシングか中華風ドレッシングを回しかけてマリネします。食べる直前に少しごま油をかけて風味をだします。あれば松の実をちらすとおもてなしに見た目もよくなります。

○たたききゅうり
きゅうりはビンなどで叩いて割って、醤油、砂糖たっぷりめ、お酢、ごま油少々、豆板醤少々のタレに漬け込みます。

○ワンタンポン酢がけ
ワンタンの皮にネギのみじんぎりを加えた豚ひき肉を少量のせてとめてワンタンを作ります。沸騰したお湯でさっとゆでたら皿にもりつけ、しらがネギをたっぷりのせて、ポン酢をかけます。中華風の献立ですが、ごま油風味のものが多いので、これはさっぱりとポン酢で。

○焼豚
うちは豚肩ロースを、赤みそ、おろしにんにく、おろしショウガ、卵、醤油、黒砂糖たっぷりめ、をといた中に半日ぐらい漬け込みます。大人だけなら八角も加えると風味がよくでます。
それで180度ぐらいのオーブンでじっくり焼き上げ、火をとめてからしばらくそのままにして落ち着かせてから切り分けます。
もやしとニラをゆでて塩とごま油で和えたものと一緒に盛りつけます。

これに市販の花巻など添えると立派なものです。花巻がない場合には、中華麺をゆでて肉味噌とキュウリなどをのせた、麺類をすこし用意するといいでしょう。

特に中華用の食器がなくても、白い四角いお皿や和食器をうまく利用して、赤い紙ナプキンなどをしいたりすると、けっこう「オリエンタル」な雰囲気がでて、「ワインとチャイニーズ」な雰囲気がでますよ。

ポトフを子供たちむけに

最近、すこしの間ですが夫が「胃腸の具合がいまいち」と嘆いていて、消化のよい食事がつづきました。どうやら酒もひかえて早寝早起きという健康的な生活のおかげがすっかり調子もよくなりました。
すると「そろそろ飲みたいなぁ」って(笑)

まぁ回復期ですし、寒くもなってきたので「白ワインにポトフ」なんかどうかと言うとのってきました。
ポトフはくたっと煮込んだ野菜がおいしいし、胃にもやさしいフランス料理ですもんね。
わたしのポトフはとても簡単で、鶏ぶつを使います。水炊き用に出てる骨つきをぶつにしたものですね。あれを水から煮て、一度沸騰させたらアクをとって、そこに冷蔵庫にある野菜を放り込んでいくだけです。鶏ブツはよほどいいものでないと、味の出が足りないのでコンソメキューブでおぎないます。かぶや大根があるととてもおいしいんですよ。

ところがこのポトフ、子供たちには不評なんですな。
いわく「ご飯のおかずにならない」(その通りだけど)、スープみたいでおなか一杯にならない(ガーリックトーストとか添えるんだけどそれじゃ足りないと文句を言う)……。

そこでちょっと考えて、今回は大人用のポトフが出来たところで鍋にとりわけて、子供のはトマトピューレをたして、「ミネストローネ風」にしました。そこへフランクフルトも加えてボリュームをだします。
さらに炊飯器に炒めたタマネギ、冷凍コーン、マッシュルーム、ベーコンをくわえて、コンソメ顆粒をいれて炊き上げたピラフを作りました。
するとこれが大好評!
ピラフでおなかは一杯になるし、野菜やソーセージもたっぷり入ったミネストローネはポトフのあっさり味よりも子供の味覚にあるみたいです。それにピラフにもミネストローネにもお野菜がたくさん入ってますから、栄養価的にもいいですよね。

大人向けの酒にあう献立を考えると、子供の食欲を満たせないことがままあります。
ちょっとした工夫と思いつきでどうにかなるもんですね。
なにしろわが家は男の子3人ですから……、別にまったく違うものを作るというのも大変なんでね。

子供たちには「またミネストローネとピラフつくって!」とリクエストされてます♪ よかったよかった。